小さな社会貢献

福島の子どもたちに美味しい竹の子ご飯を♪  2013.4.18

伊豆「そらいろ」支援の皆様のおかげで相馬市の仮設住宅と、保育園に150名分の
竹の子と果物お送りすることができました。竹の子をたくさん掘ってくださった
森のボランティアの皆さん、そして、自宅の農園から夏ミカン、ニューサマーを
急遽収穫してくださったそらいろ代表鈴木美紀さん、叔父さんたちのお陰です。

竹の子も心をこめて、1つずつ新聞紙に包んでいただけて、
ありがとうございました!!!感謝!大感謝です。きっと子ども達は、
甘夏のきれいな色をお絵描きしてくれるでしょうね。

そして皆で大騒ぎをしながら竹の子の皮をむいたことでしょう。
そして、美味しい竹の子ご飯を楽しんでくださることでしょう。

季節がめぐり、当たり前のように旬の筍をいただくそんな当たり前の風景の尊さ
をつくづく感じます。

早速福島県横山様からお礼の
メールが届きました


今日 届きました!!
箱を開けたらきれいな黄色のみかんとオレンジ色の甘夏が本当に眩しく見えました。
福島ではこんなきれいな色のみかんは無いのでみんなで綺麗な色だこと。。。と喜んでいましたよ。

また竹の子までも!!ありがとうございます。被災後 初の竹の子です!!今まで普通に食べられていたものが
放射能によって全く食べられない状況になり近所の竹藪に竹の子はあってもイノシシの餌と変わっています。
みんなでこの喜びを分け合いたいと思います。本当にありがとうございます。私の大好物なので 幸せかみし
めて食べたいと思います。カルミアネットのみなさん 本当にありがとうございます

                                                             次へ